[PR]

高血圧 治療の正しい方法をお伝えしています。

多汗症を治したければこちらのサイトをご覧ください。

筋トレの正しい食事メニュー

若い頃はスポーツや筋トレをしていて引き締まった体だったのに最近は時間がなくて筋トレも運動もしていないので体重増えたなと思う中高年の方や、あと5CMウエストが細くなりたいと思ったり、モデルのようなすらっとしたスタイルなら流行りの服ももっと着れるのに、と思っている女性もいます。

また、細めの男の方でもう少し筋肉がついて男らしい体になりたいので筋トレを始めようかと思っている方もいるでしょう。 ダイエットや筋トレに挑戦してみようかと思っているけど続けられるのかどうしたら効率よく正しく筋トレが出来るのか心配な方なども多くいらっしゃいます。

テレビや雑誌ではスタイルの良い女性や筋肉質で引き締まった体の男性が多く出演されています。筋トレなどをしてあの体形を維持しているのでしょうか。出来る事なら自分も筋トレを始めてそんな体形になってみたいものです。

毎日の生活の中で筋トレを取り入れて正しいメニューで食事をすればそんな理想の体形に一歩、また一歩と近づいていきます。諦めずに、筋トレの正しい食事メニュー.comを活用してそんな理想の体形に近づきましょう。

朝食をとる事は大事なことだと知っている方は多いと思いますが筋トレを行っている時も朝食は大事です。朝に食べてほしいメニューをご紹介します。まず積極的に取っていただきたいのが果物です。その中でもバナナやグレープフルーツなどは特にお薦めです。

果物は消化にエネルギーを使わずに必要な糖分だけが脳に吸収されます。また、胃や腸に負担がかかりにくいので朝の食事としては最適です。当然、筋トレをしていない人にも果物は朝に食べるとよい食材です。最近オートミールにドライフルーツが入っている商品が体に良いと評判があがりよく売れているそうです。

これはたいがい朝の食事の時に食べているようですが理に適っていると言えるでしょう。筋トレを行っている方は朝の食事に果物をとる事でビタミンやミネラル、アミノ酸も摂取できます。これらの成分はダイエットや筋トレをサポートするサプリメントにも使われている成分です。

積極的に果物を取り入れたメニューを食べましょう。筋トレ中に食べると良い組み合わせですが、食物繊維と酢やヨーグルトを一緒に食べると大変相性が良いのです。どうして相性が良いのかというと食べた物を脂肪になりにくくさせるという効果があるからです。

この効果は筋トレをしている方やダイエットをしている方には嬉しい効果ですね。ですから、サラダに手作りで酢を使ったドレッシングを使ったり、酢のものを一品合わせたりして食後にヨーグルトを食べるといった組み合わせなどは食べた物を脂肪になりにくくする効果があるので良いと言えます。

筋トレを行っている方やダイエットの中に筋トレを取り入れている方の食事でもう1つ知っておくといいポイントは食べる時の順番です。サラダ→タンパク質→汁物→炭水化物の順で食べると血糖値の上昇が緩やかになります。

肥満体形になってしまう原因の一つでインスリンという成分が関係している事が研究でわかってきました。お腹がすいている時は血糖値は低い状態にあります。そこにいきなりご飯などの炭水化物を食べてしまうと血糖値が急激にあがります。

するとこの血糖値の上昇を抑えようとインスリンというホルモンを膵臓が分泌します。このインスリンは体の中に脂肪を蓄えやすくする働きを持っています。ですから、急激に血糖値を上げない為に食事の時は野菜などの食物繊維を先に食べる事がポイントになってくるのです。

同じ食事を食べているのに太ってしまう食べ方と筋トレやダイエットに効果的な食べる順番があるなら、当然、筋トレやダイエットに効果のある順番で食事をした方が良いに決まっています。

筋トレやダイエットをしてる最中でもこの順番なら、食べたいメニューを無理やり我慢しなくても続けていけますね。筋トレやダイエットをする時にメニューや食べたい食事を制限し過ぎてストレスになってしまう場合もあります。

実はストレスは溜めてしまうとコルチゾールというホルモンを体は分泌します。このコルチゾールはたんぱく質をブドウ糖に変換します。そして血糖値を上げてしまいます。今度はその血糖を脳に送り込み、ストレスに対処しようとします。

余ってしまったブドウ糖を内臓脂肪に溜めこんでしまうのです。これは、簡単にいうと筋肉が減って脂肪が増えると言う事です。筋トレ行っている人達とってこれは逆効果です。ですから、ストレスを溜めることなく食事の順番やメニュー、摂取したい成分を覚えて効率よく無理なく筋トレを行いましょう。


お薦めサイト一覧

犬のしつけでお困りの方はこちらのサイトがお勧めです。

頚椎ヘルニアでお悩みの方はこちらの専門サイトをご覧ください。

椎間板ヘルニア 手術を受けたくない方はこちらのサイトをご覧ください。

脊柱管狭窄症を治したければこちらのサイトをご覧ください。

新着情報

 2016年08月08日:整体で疲労回復
 2016年08月08日:カイロプラクティックと背骨
 2016年08月08日:マッサージについて