筋トレの正しい食事メニュー.com » 整体と足首

整体と足首

くるぶしやアキレス腱などに痛みがあれば、やはり歩行はしずらくなりますし、痛みも大きくなりがちです。

足の歩行は左右交互に踵で着地をしますが、普段気にしていないようなこの動きすらもなかなかできず、他にも様々な動作に負担をかけ、ストレスもたまりがちです。

足首は体重がもっとも大きくかかるポイントです。上部から様々な関節を経て、徐々に緩衝はされますが、体重そのものの負荷はあまり変化がありません。

歩行時は特に、股関節、膝関節にも大きく負荷がかかりますが、怠惰な歩き方をしてしまうとどうしても負担がかかり、やはり大きな問題が起こる可能性が高まります。

整体院では違和感を感じている方や、痛みで歩行ができない方の症状から、歩き方に問題があると見られる場合が多くあります。このような場合はまず歩き方を整体で矯正しなければなりません。

他に多いのが捻挫です。内側や外側に強めに捻ってしまうと、痛みも大きくなりがちです。くるぶしが歪むと膝も歪み、股関節のほうにも徐々に影響が出ます。こういった症例も、整体で緩和することが可能です。

また、股関節から骨盤に圧迫がかかると、多くの方が悩んでいる腰痛にも発展します。腰痛ということは、つまりヘルニアや脊柱管狭窄症などの大きな病気に発展する可能性もあります。

また普段から硬いという場合も、膝や股関節に大きく影響します。膝や股関節が硬ければ骨盤、背骨にも影響しますので、まず足首は大切な健康のポイントと言えます。関節全体が柔軟性を維持していても、影響は常に大きくなります。

早めに整体で治療を始めるのが良いでしょう。個人でやる基本的な体操といえばちょっと回すだけで簡単です。また可動域が制限されているような場合は整体での手技や電気療法が効果があります。

子供でも最近は足首が硬くなっているケースが増えていますが、やはり姿勢の悪化や運動不足が原因です。外で遊びまわるうちに健康を維持するためのコツを掴む、というチャンスもどんどん減っています。