筋トレの正しい食事メニュー.com » 口臭を予防する

口臭を予防する

毎朝鏡に向かってきちんとはみがき。よし、きれいに磨けた!…と思った時に、ふと考えました。そういえば、自分はきれいな息なのだろうか。

口臭がしないと健康的な印象にもなりますので、周りの人に言われる前にチェックしておきたいものです。そういえば、口臭の原因ってどんなものがあるのでしょう。

寝起きの時などは一晩寝ている間に口の中の唾液が少なくなって菌が増えてしまうために口臭がでてしまうようです。あとよく知られているのは、焼肉やにんにくを使った料理などの後に口臭が出てしまう時です。

最近では食後の口臭対策用にいろいろな商品が出ていますので、時間がないときなどは利用してみるのも一つの対策方法でしょう。

実は、近頃口臭の原因として問題になりつつある症状があります。それは「ドライマウス」という症状です。

寝起きの口臭の原因は寝ている間の唾液の量が少なくなることが原因ですが、ドライマウスの場合日中でも唾液の量が少なくなってしまうのです。

薬の副作用のために唾液が分泌しづらくなることもありますが、昨今の食事上によってやわらかい食べ物が増えているために、唾液の分泌量が減りやすくなるという状況もあります。

唾液は食べ物を噛むことによって分泌を促すことができますので、よく噛んで食べることを意識する必要があるでしょう。

よく噛んで食べるためには、例えば雑穀米や玄米などのかためのお米を食べたり、根菜類といった食物繊維の多い食べ物をとるようにしましょう。他にも料理を普段より薄味にして、料理の味をしっかりと感じるようによく噛んで食べることもお勧めです。

もともと私たちの口は唾液によって口臭が出づらいようになっています。唾液の少ない睡眠中はどうしても対策が難しいですが、食べ物に関することであれば意識するだけでかなり改善するでしょう。

社会の中では人と向き合って話すことが基本になります。身だしなみだけでなく口臭対策もしっかりと心がけたいものです。