筋トレの正しい食事メニュー.com » 神経ブロックをするためのブロック注射

神経ブロックをするためのブロック注射

神経ブロックをするためのブロック注射を使って行なう治療の方法というものがあります。これは、痛い場所の神経に近いところで薬を注射することで、一時的にではありますが、神経の興奮状態を緩和して、痛みによって傷ついてしまった部分を効果的に治療していくという方法のことです。

使われる薬は局所麻酔薬といって、この薬で痛みで過剰に興奮してしまった神経を一時的に麻痺させてしまいます。この麻痺させたことによって神経が痛いと感じてしまうことがないようにするのです。

つまり、痛みの情報を一時的に遮断してしまうということです。ブロック注射によって注入された局所麻酔薬は、痛みを感じていた部分の筋肉をほぐすことで、血流を良くしていくように作用していきます。

ブロック注射の作用の結果として、広がった血管が酸素やたんぱく質を通し、栄養を痛いと感じていた部分に効率よく運んでいくことができます。痛んだ神経や筋肉を効果的に、しかも自然の力、その人の治癒力によって、より早く回復させることが可能になるのです。

つまり、ブロック注射は、対処療法ではなく、自分で自分自身の痛いと感じている場所を治そうとする治癒力をサポートしていくという人間本来が持つ力を支援するための画期的な治療の方法だと言うことができます。

また、ブロック注射は薬物による治療法に比べると、痛みの部位に限局して効果が高く発揮されるので、全身に対する影響が少ないということも患者さんにとっては嬉しい話です。

ブロック注射は、手術治療と薬治療の中間的な立ち位置に立っている治療法と考えることもできます。薬を飲み続けても痛みが治らなかったのに、ブロック注射では痛みに対して効果を発揮したりすることもあるのです。

そのため、痛みの治療には、安静にすることや薬物による治療の方法、コルセットなどの装具による治療、そしてブロック注射や手術による治療といったように多角的に治療して、高い効果を得ることを考えなければ行けません。