筋トレの正しい食事メニュー.com » ブロック注射

椎間板ヘルニア

ブロック注射

椎間板ヘルニアで用いられることがあるブロック注射は、痛みのある経路を文字通りに遮断することで、感覚を取り去ります。

また、椎間板ヘルニアの症状のある部位のすぐ近くの神経を遮断するため、即効性があります。椎間板ヘルニアの症状は、神経から脳へすばやく伝達されますが、これを知覚すると、痛みのある部位は血流を悪化させてしまい、筋肉も硬くなってしまいます。

このことで筋肉の凝りを感じたり、痛みが慢性化したり感じるようになりますが、この悪循環を取り去ってくれる効果が期待できます。

また、悪循環を取り去ると、血流が改善されることで乳酸やインターロイキンなどの物質を排除し、その代わりに酸素やたんぱく質を随時患部に届けることで、自然治癒力を高め、椎間板ヘルニアの改善を期待することができます。

ブロック注射は、保存療法と切開術の中間に位置する方法といわれることがよくありますが、副作用が出ることも懸念されます。

できるだけ熟練した腕を持つ医師を選び、設備も整っているかどうかを確認することが大切です。薬の分布やその量などの微妙な違いによって、手足がしびれたりする場合は、時間が経てば改善されますが、間違った神経に針を通したりすれば、麻痺を起こしたりする場合も考えられます。

ブロック注射は、椎間板ヘルニア患者さんの症状や体質などによりその効果に違いが出てきます。一回のブロック注射で数週間も効果が持続する場合もあれば、数時間しか改善せず、また血行が悪くなってしまい、椎間板ヘルニアの痛みが出る場合もあります。

しかし数時間しかなかった場合でも、2回目では持続性が発揮される場合もあり、様々です。局所麻酔薬を痛み止めとして作用させたり、炎症が大きい場合はステロイドなども用いられて高い効果を発揮する場合もあります。

主な施術場所は整形外科やペインクリニックですが、痛みがまったくないわけではなく、特に椎間板ヘルニアでは注射だけで痛みが激しい場合もありますので、施術する前に内容を確認することも大切です。