筋トレの正しい食事メニュー.com » リフォームとリノベーションを隔てるもの

リフォームとリノベーションを隔てるもの

リフォームとリノベーションは非常に混同しやすいものでしょう。ひょっとしたらあなたがリノベーションだと思っていたものは、リフォームかもしれません。

それだけにこの二つは曖昧になっています。具体的な違いとしては、国土交通省が定義を出しています。行政機関自らがこの二つの違いを明確にしているのです。

リノベーションは新築時の目論見とは違う次元に改修するということで、リフォームは新築時の目論みに近づく様に復元するということです。これを端的に表すのならば、リノベーションは改修。

リフォームは修繕ということになります。分かりにくいようであるのならば、リフォームは修理という言い方をしてもいいでしょう。

リノベーションがよく分かる事例としては、家を一度スケルトンの状態にします。スケルトンとは骨組みだけの状態にするということです。

そして、それから、家を造っていくということになります。ほぼ立て替えということだと思うかもしれませんが、これはスケルトンに戻すだけですので、立て替えではないです。

ここまで大規模なものがリノベーションとよくいわれています。ですがリノベーションの意味はさらに広くなっていて、リフォームに対してもリノベーションと言われることがあります。

それはただのリフォームではなく、デザイナーが入ってオシャレにリフォームすればリノベーションになるということです。

厳密には違うような気もしますが、先に上げた国土交通省の定義として「新築時の目論見とは違う次元」とあるので、それがたとえデザインであってもリノベーションの範疇に入るということでしょう。

かなりグレーゾーンな言い回しですが、おそらくはこれも立派なリノベーションになります。また、耐震基準を上げたり、最新緒ITを導入したりすることもリノベーションとなります。

何も家を一度スケルトンにしなくても、部分的改修もリノベーションと呼ばれます。こうしてみると、リフォームよりもリノベーションの方が範囲が広く使われます。