筋トレの正しい食事メニュー.com » 腰椎分離症の撮影検査

腰椎分離症の撮影検査

腰椎分離症に悩む方、とくに急な傷みで整形外科で診てもらうという方のほとんどはx線(レントゲン)を経験します。

レントゲンは前、後ろ、側面などから白黒の写真を撮影するものですが、すべりや神経の圧迫の詳細まではわからない場合が多く、また、その場合にはCTやMRIなどで断層写真を撮影するケースが多いでしょう。

レントゲンは骨や筋肉などの区別と、椎体の間隔、形などが分かりますが、その撮影する方によってなかなか見ずらいというケースも多く、また、腰痛自体が色々な合併症などを起こしてしまっているというケースが多いことから、より詳細なデータを掴むためにCTやMRIを受けるという方も多いでしょう。

体を切断したようなイメージで、その細かい1ミリほどの断面を1つずつ撮影しますので、精度の高さから言ってもまず間違いのないデータを得ることができます。

血管内に造影剤を注入する場合もあります。この場合はレントゲンでもわからなかったような骨の断面、角度などもわかります。

レントゲンやMRIを撮って腰椎分離症の詳細が分かってからは、整形外科での腰椎分離症の治療法を試し、医師を上手くコミュニケーションをとりながら、自分の症状というものがどういうものなのか、が解っていきます。

そうすることでまた、自分でも治療をするためのコツなどもだんだんと理解してくる方も多く、リハビリをうまく取り入れたり、整体などにも通って改善を早くすることもできるようになるでしょう。

腰椎分離症はかかってしまうと一生つきあわなければならない、とよく言いますが、それだけに腰椎分離症についてもよく知っておきたいものです。医師に任せっきり、という方もいらっしゃるでしょうけれども、やはり腰椎分離症の改善が遅くなってしまう確率は高くなります。

腰椎分離症の治療は初診の看護師との問診から始まり、そのような経験のすべてが物をいいます。はじめはリラックスしたほうがいいでしょうけれども、だんだんと真剣に考えるようにもなるでしょう。