筋トレの正しい食事メニュー.com » 飲酒・喫煙とフットケア

飲酒・喫煙とフットケア

お酒を飲む機会は0では無いはずです。またお酒を飲まないにしてもお酒を飲む場にいなければならないこともあるでしょう。

確かに適度ならば悪くは無いというのが定説であると思います。それは私には否定はできません。しかし、お酒が及ぼす影響は内臓器官だけではないことに気付いている方もいらっしゃいますが、意識している方は多くはないと思います。

やはり過度な飲酒は人体に悪影響を与えることには違いないでしょう。自己管理が得意でない方は気付かないうちに過度に飲んでしまいがちです。

それは食生活や健康管理をおろそかにしがちであるかもしれないということを頭の片隅に置いておくべきかもしれません。

また過度な喫煙は血液の循環を阻害し人体への良くない影響を受けることもあるのです。たばこに含まれる一酸化炭素は、酸素より血中のヘモグロビンと結びつきやすいため軽い酸欠状態に陥るのです。

体にいいわけはないでしょう。酸素が体に行き届かないことは危険であるといえます。しかし、予期せず受動喫煙をしてしまうこともあるでしょう。

また、いくら自分で気をつけても付き合いで飲まなければならないシーンもあるでしょう。ですので、できる範囲の事を実践してみるのです。

フットケアのマッサージや食生活などを改める、などを行えば、それらのリスクはある程度避けることができますが、実際のところ、あまり生活で意識をしていないために、病気がさらに悪化してしまうことになります。

できることであれば、ふくらはぎをフットケアの視点からすると、一日10分程度をかけて、ゆっくりと揉みほぐすことが理想になります。

フットケアで特に効果的なのが、入浴後に、することで血流がよくなっているので、全身に新鮮な血液がめぐることになることが期待できます。

ただし、注意点としては、急にフットケアなどマッサージをしてしまうと、過度に血流がめぐってしまうために、余計に負担がかかってしまうことがあるので、フットケアを行う時は注意してください。