筋トレの正しい食事メニュー.com » レーザー治療

頚椎ヘルニア

レーザー治療

高齢者において発症率が高いという特徴を持つ疾患の一つが頚椎ヘルニアです。頚椎ヘルニアは、老化により変性した椎間板に大きな負荷がかかることで発生します。

頚椎ヘルニアを発症すると腕や肩・首といった部位に痛みが出るなど実に様々な症状が出ることが多くなっています。

近年の様子ではその治療法としては保存療法といって運動療法や理学療法によって症状の悪化を防ぎ出来る限り痛みなどの症状を軽減するといった方法が選択されていますが、それらは根治治療ではありません。

根治しようとすると外科的な手法を用いたいわゆる手術になるので、身体への負担の大きさや費用などを考慮して保存療法が用いられているのです。

しかし、そのような保存的な方法では一向に、頚椎ヘルニアの頭痛の改善効果が見られない場合などには手術が行われます。手法としてはいくつかありますが、近年注目されているのはレーザーを用いた手術法です。

この治療の適用範囲としては初期の頚椎ヘルニアから中程度のものまでで、それよりも重度のものになると他の手法を検討しなければなりません。また、現段階では保険適用外とされているために自由診療となってしまうのがデメリットとして挙げられます。

しかし、この手法は身体への負担である侵襲が最も少ないのが最大のメリットで、最近では日帰りが可能となっている点も大きなポイントと言えます。

とはいえその効果は100%ではないのが現状ですが、このレーザー治療を受けた多くの頚椎ヘルニア患者がその効果を実感しています。また、多くの患者がレーザー治療を受けて早い段階で頚椎ヘルニアの症状が改善されたとしています。

レーザーを用いた手術を希望する場合には、病院選びの参考として施術件数が多い病院を選択することをお勧めします。少ないとはいえどうしても身体に負担がかかってしまいますので、腕の良い医者にかかり可能な限りその負担を軽減したいものです。