筋トレの正しい食事メニュー.com » マッサージについて

マッサージについて

鍼灸でも治療法として用いられているマッサージですが、腰部脊柱管狭窄症の治療法として用いる例も多くあります。腰部から足にかけて行うと、腰部脊柱管狭窄症の痛みやしびれを和らげ、血行を高めてむくみや冷えなどの改善にも効果を発揮します。

また、腰部脊柱管狭窄症では腰を反った状態にすると痛みが大きくなり、腰を丸めれば楽になる、という大きな特徴がありますが、この反り返しの原因になってしまう太股や股関節前の筋肉の緊張をほぐすためにも有効です。

また、腰部脊柱管狭窄症の治療としては、腰から背中にかけて集中して揉むことで、腰部脊柱管狭窄症のひどい腰痛を軽減させることができます。

腰部脊柱管狭窄症の痛みや痺れなどを改善させるためには、血行を高めることが必須です。また、腰部脊柱管狭窄症の痛みがある時はリハビリも思うようにいきませんが、揉んで徐々に痛みを軽減させることで、リハビリへの準備を整える効果もあります。

例えば腹筋や背筋を鍛えるためには、腰痛に対するマッサージが必要です。リンパマッサージでは、リンパの流れを改善することによって老廃物の退出を促しますが、このようなタイプのものも取り入れることがあります。

老廃物を排出すれば、新しい酸素が神経にも行き渡り、元気が出てきますので、その分運動への意欲も沸いてきますが、元気が出ない原因を取り去らないと、いつまで経っても気分が悪いままで、運動効果の度合いも減ってしまいます。

また、このような施術と平行して、ストレッチも大切な施術です。主には施術が終わってからその部位を軽くストレッチさせることで、血行の改善をより高いレベルに持っていきます。

足首、膝や股関節など、痛みが出ない範囲でストレッチをサポートし、常に最適な方法を模索しながら治療を進めていきます。

またこのような施術による腰部脊柱管狭窄症への効果は、ゼロかあるいはプラスになる、という簡単なものではなく、逆に症状を悪化させてしまう例もあります。特に病院での治療と平行させる場合は、主治医にその是非を確認することも大切です。