筋トレの正しい食事メニュー.com » リノベーションと新築の違いについて

リノベーションと新築の違いについて

リノベーションと新築、一体どちらがいいものか? という悩みを持つかたも多いでしょう。しかしながら双方ともにまったく違うタイプの物件購入の動機なのではないでしょうか? と言われる方も多いようです。

新築は耐震性などの建物の純粋性に拘る方が好み、購入し何かあれば担当の不動産業者に対して苦情を言えば駆けつけてくれる、というシンプルなところを好む方に適していますが、リノベーションはやはり独自の住まいというものに拘る方向け、という考え方が合っているかと思います。

現状、日本人はまだまだ8割方が新築を好む、と言われています。不動産屋さんに云って賃貸物件を探しているが、新築はありますか? と聞いた場合にリノベーション、という言葉や中古ですが新築同様なのです、といった説明をされるところも少ないようです。

しかしながらこれから中古物件のストックというものが増えていくことはほぼ確実とのこと、つまりは新築物件を供給できる量も減っていくわけですから、リノベーション物件の需要はおのずと高くなっていくのでしょう。

「リノベーションの意味はリノベート(既存の体系の価値を高める)するということもあり、売却する場合でもかなりの価値がつくだろうものが増えていくでしょう。

もしあなたがご自分の持家をリノベーションするのなら、そういったところまで視野に入れてリノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~」などのリノベーション情報サイトで業者を探し、相談してみるといいでしょう。マンションなども基礎の工事を強くしてからリノベーションするところも多いと聞きます。

もともとは中古マンションを賃貸で借りる場合を除いて改修という考え方はあったことなのですが、経験数が少なく、リノベーション業者も少ないという事情があり、昨今のブームまではなかなか手を出しずらかった、というのが現状ですが、これからは費用をよりやすくできるようにリノベーションストックを持つ業者がかなりありますので、安心して物件を選び、また独自のデザインを施すことが可能でしょう。

新築が無くなるわけではありませんが、立地のよさというのはあまり望めないだろう、という意見も多く、中古物件の立地とは比べ物にならないのではないでしょうか。