筋トレの正しい食事メニュー.com » 再発の原因

椎間板ヘルニア

再発の原因

一度完治したと思われた椎間板ヘルニアが再発する原因は、主に日常生活の中にあります。そのせいか日常生活のふとした時に椎間板ヘルニアが再発することが多いのです。

腰椎椎間板ヘルニアの患者は腰の痛みや下肢の痛み、痺れから解放されたことから反動で元の生活へと直ぐ戻そうとしてしまいます。

治療中は保存療法の場合、腰への負担をできるだけかけず生活することで症状を緩和させ炎症を抑えて治療していきますが、日常生活に戻ることで腰椎へとかかる負担は発症前と同じに戻ってしまいます。

もちろん以前と同じ日常生活に戻っても再発しない人もいますが、腰への負担は日々かかり続けていきます。一時的に完治したことで椎間板ヘルニアの予防のため、生活習慣を正すためと激しい運動を行うのも十分な原因となります。

治ったばかりの状態は万全とは言えず、普段の生活から腰への負担を少なくする努力がしばらくは必要でしょう。食生活の面では肥満気味の人はカロリーの摂取を控えゆっくりとダイエットすることで腰への負担を減らすように意識して下さい。

他にも骨を強くするためのカルシウムの摂取などが再発防止に効果的です。椎間板ヘルニアの治療後直ぐに仕事の復帰をする人も多いですが、座りっぱなしの仕事や立ちっぱなしの仕事など、常に腰へ負担がかかる仕事は再発の可能性を高める原因になります。

休職期間を短く済ませたいという気持ちもあるとは思いますが、長時間同じ体勢を強いられることは完治したばかりの椎間板ヘルニアを再び引き起こす可能性が非常に高いです。

生活習慣、仕事、これらが一番椎間板ヘルニア再発の原因として可能性の高いものですが、他にも激しい運動や筋肉トレーニングが再発の原因となります。

体に負荷をかけないストレッチや軽い散歩、プールでのウォーキングなどを選びましょう。程良い運動で体に必要な筋肉を鍛えることは再発防止に効きますが、激しい運動は弱った体に過度な負担をかけます。