筋トレの正しい食事メニュー.com » ストレッチによる効果について

ストレッチによる効果について

ストレッチと言えば、イメージしやすいものは、スポーツの準備運動として行ったり、スポーツの終わった後、クールダウンとして行ったりというものでしょうか。また、それ以外にも風呂上りや寝る前に行っている人もいるのではないでしょうか。

そう考えると、意外と多くの人がストレッチというものに触れていると考えることができるわけですが、では、その効果がどういったものであるか、きちんと認識している人は、どの位いるのでしょうか。

もちろん、きちんと認識していないからダメというわけではなく、しっかりと認識した方が、効率的に行うことができるのです。そうするためにも、実践して得られる効果について、説明していきたいと思います。

まず、多くの人がストレッチから連想するのは、「前屈」、「アキレス腱を伸ばす」、「手首の柔軟」、というように、関節や腱などについて行われているものだと思います。

これは、スポーツでは、関節の可動域を広げ、柔軟性を向上させ、加えて筋肉の緊張を和らげ、怪我の防止につなげる、ということを目的としています。身体が硬い状態よりも、柔らかい状態の方が、スポーツにパフォーマンスが向上するということです。

柔軟性が低下している状態では、すなわち伸張性が失われているということになります。もし、そのままの状態で運動すると、筋肉の炎症が発生しやすくなり、それに起因して様々な疾患を引き起こす原因になってしまいます。

これを防ぐためにも、ストレッチや中川式ストレッチングベンチが重要になってくるのです。さらに、怪我を防ぐという以外にも、精神面での効果もあります。プロのスポーツ選手は、試合の前には必ず行います。

パフォーマンスの向上や怪我の防止以外にも、精神集中の意味があるのです。このように、肉体面、精神面両方において、最高のパフォーマンスが発揮するためにも、ストレッチは重要なのです。