筋トレの正しい食事メニュー.com » リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの違い

近年、建物の「リノベーション(renovation)」という言葉をよく耳にしませんか。リノベーションとは、建物や家屋の改造という意味。では、私たち日本人がこれまでよく使ってきた言葉「リフォーム(reform)」とそれは、一体どこが違うのでしょうか?

リフォームとは、おもに老朽化した建物を、当初の性能に戻すことを目的とした工事をさします。例えば、古くなった壁紙の張り替えや、システムキッチン・ユニットバスの交換などの、比較的小規模な補修工事がこれに当たります。

一方、すでにある建物に大規模な改修工事を施し、その用途を変えたり新たに機能を加えたりすることで価値を高め、建物をこれまで以上にステキに甦らせる工事をリノベーションと呼びます。

具体例としては、取りの変更や、外壁の補修、冷暖房換気設備や給排水設備の更新など、暮らし方そのものが変わるような大規模工事です。

また、昨今大きく関心が高まっている耐震性・防火安全性の確保、耐久性の向上、さらに光熱費などのエネルギー節約やエコ技術に対応するためのさまざまな工事もこれに当たります。

さらに言うと、建物を初期の性能と同じレベルに戻す工事をリフォーム、初期以上の価値に高める工事をリノベーション、こうとらえていただいても良いかと思います。

建て替えはせず、今すでにあるものを生かして、より快適に美しく暮らすために思いきったリフレッシュ工事を行う…いま、このリノベーションが、賢くリーズナブルな住まい方の知恵として大きな注目を集めています。

住まいのリノベーションまたはリフォームをお考えになるなら、まずはご自分がどう住みたいと思うのか、どこにどんな不満をお持ちで、どう変えたいのか、ご家族の目的や希望をはっきりと整理することが第一です。

また同時に、どのくらいの資金が用意できるか、予算の面を明確にしておくことも重要です。その上で、専門の建築業者に相談をし、リフォームレベルの改修を行うのか、思いきったリノベーション工事で新しい暮らしのスタイルにチェンジするのか、道を選択することから始まります。

相談する業者をどこで探していいか分からないという時には、「リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~」で、地元の優良業者を紹介してもらいましょう。