筋トレの正しい食事メニュー.com » 腰へのブロック注射

腰へのブロック注射

ブロック注射を腰にするケースは結構多く、その種類によっても限定されたやり方をするものが複数存在しています。

だから、ある意味ではブロック注射は腰へ行うものがメインと感じますね。ですが、実際のところこの治療法は他の部位にも使われることがあることを忘れないでください。

ブロック注射を打つ時に、結構多くの人が考える病気はヘルニアです。ヘルニアを治療する時に、この方法を使用することで治療できることを結構多くの人が知っていることなので、ヘルニアと連想される人が多いでしょう。

ただ、それが原因でブロック注射はとても痛いものだと認識されている人が多いのも事実です。ヘルニアの治療時に使用されるのは神経ブロック注射で、これはとても痛い注射です。

何せ神経に直接もしくは、神経の近くに麻酔を使うのですから、効果が表れるまでかなりの激痛になるでしょう。故に、このような注射を打つとかなり痛いと言う認識になってしまいました。

ですが実際には治療を行う場所、医師の技術によって痛みがかなり変わってきます。確かに、ヘルニアでブロック注射をする場合は、比較的痛い場所に打つ場合が多いですが、場所によっては少し痛いかなレベルで済むところもあります。

それに、医師がうまいと痛みを出さないようにしてくれるので、激痛と感じることが少なくなります。だから、腰痛のブロック注射は必ずしも激痛を伴うとは限りません。

故に、痛いから治療したくないというようなことにならないようにしましょうね。このようにブロック注射と言っても、様々な状態で変わります。

怖い、痛いのが嫌だなどの心配事は在るでしょうが、早期の治療をしていないと大変なことになるので、早めに治療をしてしまいましょう。そうすれば、今まで通りの生活をすることができます。